血圧と寝不足と術後について

病気の手術に高血圧の症状が影響を与えるのには、それなりの理由があります。動脈硬化症を体全身に持っているのが、高血圧症患者の特徴であるために、術後は注意が必要となります。手術中もですが、術後などに脳血管障害を発症しやすくなります。ほかにも術後に、心筋虚血も起こしやすいと言えます。脳血流における自分で行うことができる、調整機能自体が順調ではなくなくなります。合併症などもないとは言えませんから、くも膜下出血や脳出血といった頭蓋内出血も考えられます。心臓や脳血管の状態が動脈硬化となってしまったら、心筋梗塞屋脳梗塞を起こすこともありますから、注意をしなくてはいけません。

日頃の生活の中では、高血圧を予防するために、寝不足は解消する必要があります。忙しい現代社会に生きる人間は、1日の24時間という時間が、とても早く過ぎていくのを感じています。睡眠をとる時間も削るくらい、時間は貴重なものであるという自覚を、誰もが感じているのです。しかし寝不足が続いてしまうことで、ストレスは慢性化します。過剰なストレスにより、交感神経は活発化されますから、血圧は上がりやすくなります。

寝不足は血圧にも悪影響を与えますし、健康な体を維持するには、十分な睡眠をとる必要があります。長寿のデータによると、睡眠は7時間ほどとるのが良いとも言われています。寝不足が続いてしまうと、高血圧を招くことになります。生活の改善をするのにきっかけを必要とするならば、定期的な健康診断を受けることも大切になってきます。様々な体内機能を修繕したりするのも深夜の時間帯ですから、将来的な健康のためにも、毎日の睡眠をおろそかにすることはできません。

ページの先頭へ戻る