血圧の睡眠不足による違いについて

睡眠不足による血圧の違いというのは完全に解明されておりませんが、睡眠不足の人が高血圧を招く原因として、交感神経の働きが活発になり、アドレナリンなどの神経物質が活発に活動して、循環器系に負担をかけるということが言われております。
睡眠不足により、慢性的なストレスを抱えて、ストレスによって、交感神経を活発化させることで血圧を高めるという考え方もあり、さらに睡眠不足で飲食が多くなることが原因となる考え方もありますが、睡眠不足による血圧の上昇を引き起こす理由については理論的な根拠はあまりなく、どちらかというと経験的な根拠として挙げられます。
睡眠不足による血圧の上昇を避けるためには、具体的に関係による違いが明らかになっているわけではないため、一般的な健康維持のために良いとされる生活習慣により高血圧を避けることについて期待することができます。
まず、睡眠時間については、7時間程度の睡眠がもっとも健康に良いとされているため、7時間程度の睡眠を確保することで、そういったリスクを避けることができます。
しかし、毎日の中で睡眠を確保するのが難しいという方は、定期的な健康診断を受けることで血圧の違いを確認することが大切です。
睡眠不足が及ぼす影響の違いについては、必ずしも関係性が明確ではないため、健康診断を受けていないとわからないので、多忙などの理由により睡眠を確保できない場合には、健康診断を通じて確認することが大切です。
また、寝る前にお酒を飲む習慣がある人の場合、お酒によって睡眠の質の違いを引き起こしてしまうため、睡眠不足の原因となってしまうため、血圧に影響を及ぼしてしまう可能性があります。また、食生活を見直すことによっても違いが出てきます。

ページの先頭へ戻る