• グレードで見る高血圧の対策

    2016年5月12日

    昔は正常な血圧の値とされるのは拡張期が90未満で収縮期が140未満の状態を指し、逆に高血圧とされる値は収縮期95以上で拡張期が160以上の血圧を指し、その中間の値である収縮期が90から94までで拡張期が140から159の血圧は境界型高血圧と呼ばれていました。 しかしその後の研究から、実はもう少し低い...

    記事の続きを読む